蕪栗沼

渡り鳥の越冬地



蕪栗沼(かぶくりぬま)は、宮城県北部、北上川水系にある150haの低地性湿地です。大崎市と登米市、栗原市にわたって位置する広大な湿地は、天然記念物ガマンの国内最大の越冬地で、毎年10万羽ほどが飛来します。
数多くの渡り鳥の越冬地、中継地であり、約1500種の動植物が確認されるほど豊かな生態系を持つ蕪栗沼は、国指定鳥獣保護区やラムサール条約に指定されています。

蕪栗沼
所在地
宮城県大崎地域(大崎市、色麻町、加美町、涌谷町、美里町)