倉敷市美観地区

歴史とロマンを感じる町



岡山県倉敷市にある街並み保存地区・観光地区です。
白壁の屋敷、江戸の情緒漂う風情、倉敷川沿いに立ち並ぶ柳並木などが魅力で多くの観光客で賑わいます。
美観地区を象徴する「倉敷川畔」、昔の風景に出会える「本町」、歴史と生活感が調和する「東町」が特長です。
何度訪れても、落ち着き、新しい発見があります。

~和洋の建物が混在する歴史散歩道~
倉敷川に沿う美観地区は、漆喰の白壁やなまこ壁が陽光に輝く趣溢れる町並みです。
ここは天領、つまり江戸幕府の直轄地として農業や商工業で栄え、一大貿易拠点でもありました。柳並木が縁どる川辺には荷の積み下ろし場の跡も残っています。
明治や大正に建てられた初期洋風建築も多く見ることができ、散策しながらタイムスリップした気分を味わえます。

倉敷市美観地区
所在地
岡山県倉敷市本町 
交通案内
JR倉敷駅から徒歩15分
営業時間
24時間営業
駐車場
中央駐車場175台完備、ほか多数駐車場あり