わに塚の桜

樹齢300年の一本桜



わに塚の桜は日本武尊の王子武田王の墓、王仁族が住んでいた所と諸説ある場所として知られています。また、古くからの言い伝えでは、日本武尊の王子の武田王がこの地域を治めた後、埋葬された場所なので「王仁塚」と呼ぶようになったともいわれています。
桜は推定樹齢300年、幹周り3.6m、樹高17mのエドヒガンザクラで市の指定天然記念物です。晴れた日には、わに塚の桜から八ヶ岳が見ることができ、八ヶ岳を後ろに写真を撮るのにオススメの場所でもあります。満開の時期にはライトアップされており、昼とは違い幻想的な夜桜を楽しめる事ができます。

わに塚の桜
所在地
山梨県韮崎市神山町北宮地624 
交通案内
武田八幡入口下車より徒歩5分
中央自動車道 韮崎I.Cより車で20分
JR中央線 韮崎駅よりタクシーで15分

駐車場
100台(臨時駐車場)