精霊流し

お盆を知らせる長崎の伝統行事



精霊流し(しょうろうながし)は、竹や藁でつくった船を曳きながら街を練り歩き、初盆を迎える故人を極楽浄土へ向けて送り出すために行われる長崎の伝統行事。
8月15日、日が暮れ始めると、あちらこちらから「ドーイドーイ」の掛け声とともに「チャンコンチャンコン」という鐘の音が聞こえ始めます。大音量の爆竹の音が鳴り響き、夜遅くまで賑やかに行われるのが特徴です。

精霊流し
所在地
長崎県長崎市市内中心部一帯(メインストリートは思案橋~県庁坂~大波止)