松江城天守閣

国宝の破風



全国に現存する12の天守閣のうちの1つが松江城にあります。2015年に国宝指定された天守閣の破風は千鳥が翼を広げたような形であるため「千鳥城」の別名を持ちます。
18万6000石の城下町松江が象徴で、望楼型、下見板張り、桃山風の質実剛健の構えが特長です。 
現存天守12城の内の山陰地方唯一の天守閣で、平成27年7月に国の史跡に指定されています。 
内部では建築構造をじかに見学できることに加え、武具や絵画などの歴史資料も展示されているので学びを深めるられます。
最上階からは松江市街地と宍道湖を一望して、殿様気分に浸るのも良いかもしれません。

松江城天守閣
所在地
島根県松江市殿町 
交通案内
JR松江駅からバスで10分、一畑電鉄松江しんじ湖温泉駅から徒歩20分
定休日
無休
営業時間
4~9月8:30~18:30、10~3月8:30~17:00
料金
560円
駐車場
城山西駐車場136台完備、ほか多数駐車場あり
電話番号
0852-21-4030