札幌駅

北海道の中心駅



北海道札幌市北区北6条西4丁目にある、JR北海道の函館本線の駅が札幌駅です。
JR北海道で最大の拠点駅で、道内各地とを結んでいる特急列車や、北海道の空の窓口・新千歳空港まで行ける快速「エアポート」、
近郊の通勤や通学輸送のための普通列車等が多く行き交い、JR北海道中で利用客数が最も多い駅となっています。

道北・道東・道南といった道内の各方面へ向かう起点駅となっているのが、札幌駅です。
利用者数は北海道内で最も多く、毎日朝早くから夜遅い時間までたくさんの人で賑わいを見せています。
新幹線や寝台列車など様々な電車が走り、駅周辺にはホテルも多いことから、北海道観光の拠点として利用した事がある人も多いのではないでしょうか。
東京では、雪が降ると電車が止まるイメージが強いかもしれませんが、このあたりの地上を走る電車はあらかじめ降雪を想定しているため、雪が原因で運転見合わせになることは稀です。
メディアで取り上げられることが多いJRの「札幌」駅ですが、地下鉄の「さっぽろ」駅も忘れてはいけません。
地下鉄のさっぽろ駅には、2つ隣のすすきの駅まで繋がる長い地下通路があります。
雪まつりの会場にもなる大通り公園とも直結するこの通路があれば、雪が降り積もる真冬でも、寒い思いをせずに駅周辺を散策することができるのです。
ベンチや机といった休憩スペースも用意されたこの通路は、札幌の街で人々の足を守る重要な役割を果たしています。
2016年に開業した北海道新幹線により、本州から新函館北斗駅まで新幹線で行くことが可能になりましたが、それも2031年頃には札幌駅まで開業する見込みです。
札幌駅は今後もますます発展して行くことでしょう。

札幌駅
所在地
北海道札幌市北区北6条西4丁目