上野恩賜公園

江戸時代から続く桜の名所



園内に美術館や博物館、動物園などの様々な施設がある上野恩賜公園は、日本で初めてできた公園です。
花見の名所として有名で、桜が満開になる季節には多くの花見客が訪れ、その様子は毎年メディアにも取り上げられています。

しかし、なぜ桜の木が大量に植えられているのか、その理由をご存知でしょうか。
これは上野にある寛永寺というお寺が大きく関係しています。
当時、寛永寺は德川家の祈祷寺として創建されましたが、庶民もお参りしやすい寺を目指していた住職は、観光の要素を取り入れるために桜の植樹を行なったのです。
これがきっかけとなり、徐々に桜の木が植えられ今日に至ります。
現在では、「さくら名所100選」にも選ばれるほどのお花見スポットとなった上野恩賜公園で、春を感じてみてはいかがでしょうか。

上野恩賜公園
所在地
東京都台東区上野公園・池之端三丁目 
交通案内
JR・東京メトロ「上野」駅下車 徒歩2分
京成線「京成上野」駅下車 徒歩1分

料金
無料 ※一部有料施設あり
駐車場
【上野恩賜公園第一駐車場】 普通車/100台 1時間まで400円、以後30分毎に200円 【上野恩賜公園第二駐車場】 バス/24台 1時間まで 1,000円、以後30分毎に 500円



東京 X VR