山梨県大善寺

甲州ぶどうの発祥 ぶどう寺



柏尾山大善寺は、真言宗智山派のお寺です。大善寺は、真言密教の祈祷や一般の修行、研修の場としても利用されています。
大善寺は「ぶどう寺」とも言われ、僧が甲斐の国、勝沼の柏尾にさしかかり、修行したところ、夢の中に手に葡萄を持った薬師如来が現れ、その姿と同じ薬師如来像を刻んで安置したのが柏尾山大善寺です。
僧が法薬の葡萄の作り方を村人に教え、葡萄が栽培されるようになり、これが甲州葡萄の始まりだと伝えられています。
寺には国宝建造物、国の重要文化財の仏像等、多くの宝物があり、築730年以上の薬師堂は山梨県で一番古い建物であり、歴史的な風格を漂わせています。

山梨県大善寺
所在地
山梨県甲州市勝沼町勝沼3559 
交通案内
JR中央線「勝沼ぶどう郷駅」からタクシーで5分
料金
大人500円/小・中・高校生300円
駐車場
有 駐車料金:無料 収容台数:40台
電話番号
0553-44-0027