首都圏外郭放水路

首都圏を水害から守る地下神殿



「首都圏外郭放水路」は国道16号の地下、約50メートルにある延長6.3キロメートルの地下放水路です。
大雨の際に周辺の中小河川から水を取り込み、トンネルを通して江戸川に流すことで洪水を防ぐ機能を持っており、完成後は周辺の浸水水害を大幅に軽減させる成果をあげています。
春日部市には長さ177メートル・幅78メートル・高さ18メートルの「調圧水槽」が設けられており、この巨大な地下水槽は59本のコンクリート柱が立ち並ぶ荘厳な光景から「地下神殿」と称され、テレビや映画のロケにもたびたび使用されるほど有名です。
予約をすれば一人から見学することができるので、首都圏を水害から守る地下神殿の秘密を解き明かしに行ってみてはいかがでしょうか。

首都圏外郭放水路
所在地
埼玉県春日部市上金崎720 
交通案内
東武アーバンパークライン「南桜井」駅北口より徒歩約40分
営業時間
※要予約



埼玉 X VR