鋸山(のこぎりやま)

建設資材の採石が行われていた場所



鋸山は建設資材に適した「房州石」の産地として知られ、江戸時代から昭和にかけて盛んに採石が行われていました。
石を切り出した岩肌がノコギリの歯のようにとがっていることから鋸山と呼ばれるようになったそうです。
標高329メートルの小さな山ですが、切り立った崖から絶景を楽しめる「地獄のぞき」や山中に広がる「日本寺」など見どころ満載のスポットとなっています。

鋸山(のこぎりやま)
所在地
千葉県安房郡鋸南町・富津市 
交通案内
JR内房線「浜金谷」駅




千葉 X VR