鶴御崎

幸せの鐘を鳴らす九州最東端の地



鶴御崎(つるみざき)は、九州最東端の場所。
自然公園になっていて、鶴御崎自然公園は、ツツジ、ノジギク、デイゴ、椿などの花が咲き、講演を彩ります。灯台や展望台、遊歩道などがあり四季折々に散策を楽しめるでしょう。
元旦には、九州で一番早い初日の出を見るために多くの人がここを訪れます。また、ここにある「幸せの鐘」を鳴らすと幸せになれると、訪れるカップルが増えています。

鶴御崎
所在地
大分県佐伯市鶴見大字梶寄浦 
交通案内
佐伯駅から車で60分