名古屋城 (愛知キモノジャック)

名古屋の歴史を楽しめる桜の名所



天守閣に掲げられた「金のシャチホコ」と全国のイケメン武将隊ブームを巻き起こした「おもてなし武将隊」で知られる名古屋城。1612年に徳川家康によって子義直の居城として建てられ、天下統一の布石となった城だといわれています。「尾張名古屋は城でもつ」と民謡にも歌われるほど尾張名古屋の繁栄の中心にあり、名城(めいじょう)、金鯱城(きんしゃちじょう・きんこじょう)と人々に親しまれてきました。
築城当時の姿は戦争によって焼失してしまい、現在の大天守閣と小天守閣は1959年に再建されたもの。本丸御殿は現在復元中で、2018年に完成予定となっています。
天守閣内には、シャチホコの実物大模型や名古屋城の歴史を知らせる資料、重要文化財になっている障壁画などが展示されています。また、城門ではおもてなし武将隊の武将たちが来城者を出迎えてくれ、土日祝日はおもてなし演武が行われるなど、老若男女問わず楽しむことができる観光スポットです。
城周辺は公園になっており、4月初旬から中旬にかけてソメイヨシノなシダレザクラなど、10種類、1000本ほどの桜が咲き乱れる名所となっています。

名古屋城 (愛知キモノジャック)
所在地
愛知県名古屋市中区本丸1番1号 
定休日
12月29日~31日、1月1日
営業時間
9:00~16:30、入館は閉館の30分前まで
料金
大人500円、中学生以下無料