関門トンネル

本州から九州へ歩いて渡れる海底トンネル



「関門トンネル(かんもんトンネル)」は、1958年3月9日に開通した全長3,461mのトンネル。九州・福岡県北九州市と本州・山口県下関市を結ぶ国道2号線であり、一部が海底を通っています。
そのため、フグの口に入るような門司港川のトンネル入口や、ブルーに塗られた下関側のトンネルが海をイメージさせるデザインが特徴。
トンネル内は上下2重構造になっており、上は車が、下は人が通ることが可能。
先に開通した、山陽本線が走る鉄道トンネルも同じ関門トンネルと呼ばれるため、「関門国道トンネル」と区別して呼ばれることも。
本州から九州まで、歩いてたどり着くことができる関門トンネル。海底散歩を楽しんでみませんか?

関門トンネル
所在地
福岡県北九州市門司区門司 
交通案内
市民病院前電停から徒歩約2分
長崎駅前から車で約8分
料金
軽自動車100円 普通車150円 中型車200円 大型車250円 特大車400円 軽車両等20円
駐車場