大磯の左義長

重要無形民俗文化財に認定された「火祭り」



大磯の左義長は1月に行われるセエノカミサン(道祖神)の火祭りです。
お飾りや縁起物を集めて9つの大きな円錐型を作り、日が暮れると火が入れられます。
この火で団子を焼いて食べると風邪をひかない、燃やした書き初めが高く舞い上がると腕が上がる、松の燃えさしを持ち帰って屋根に載せておくと火災除けのまじないになると言われています。

大磯の左義長
所在地
神奈川県中郡大磯町大磯 
交通案内
JR東海道線大磯駅より徒歩10分



神奈川 X VR