渋谷スクランブル交差点

日本人のひととなりが分かる場所



渋谷駅前のスクランブル交差点は、渋谷のシンボルとしてメディアで取り上げられることも多い、日本で一番有名な交差点です。
歩車分離信号機が設置されているこの交差点では、歩行者用の信号が青になると、車の通行は全て止まります。
そして、青信号になっている50秒弱の間、歩行者はどの方向にも進むことができるのです。

駅やセンター街、109へ向かう人など、多い時には約3,000人が信号が変わるのと同時に一斉に渡るため、交差点内は各々の目的地に向かう人で混み合います。
それでも歩行者同士が接触することなく、人混みをすり抜けるようにして進む様子は、ここでしか見ることができない光景です。
これだけ大規模な交差点は珍しく、外国映画やドラマのロケ地としてもたびたび使われていることから、近年では外国人が訪れる人気の観光スポットにもなっています。

また、ただ横断するだけではなく、違う視点からスクランブル交差点を見るのも良いでしょう。
交差点付近にはビルや商業施設がたくさんあり、このような高い場所から見下ろすことで、人の流れを一望することができます。
特に雨の日には、色とりどりの傘が行き交う様子が美しく、地上では見ることができない景色です。

渋谷スクランブル交差点
所在地
東京都渋谷区 
交通案内
JR渋谷駅前


東京 X VR