銀座

百貨店からファストファッションまで揃う街



東京のトレンドの中心であり続けてきた「銀座」は、江戸時代に銀貨を作る施設があったことに由来する地名です。
当時から市場や呉服屋が立ち並ぶ活気のある町でした。
明治に入ってすぐの大火で銀座は焼け野原になってしまいますが、跡地に「銀座レンガ街」が建設され、ガス灯がともされる西洋的な街並みに生まれ変わります。
すぐ隣の新橋に鉄道が開業し、銀座には国内外から商品と情報が集まってくるようになりました。
1923年の関東大震災で再び町は焼けてしまいますが、その後、銀座四丁目交差点のシンボル「和光」本店や、デパートの本格的な進出が始まり、今の街並みの原型が作られます。
時代に合わせて姿を変えながら、常に流行の中心であり続けてきた町が銀座なのです。

銀座
所在地
東京都中央区 


東京 X VR